青物に会いたい

カヤックフィッシングで青物を釣るために、初心者が必死に考えます

RYOBI リョービのリールを入手してみた。黄金色のVARIUS GR

タイにきて、もうすぐ一年!

月日が経つのは、早いものですね〜

日本に置いてきたフィッシングカヤックが恋しいのですが、若狭湾で浮かべる日の再来は、まだまだ先になりそうです。

それならば?という訳でもないのですが、日本ではあまりお目にかからない釣り道具を入手してみましょう!という気分になりました。

RYOBI リョービのリールを入手してみた。黄金のVARIUS

アジアで人気のブランドは?

しっかりと統計をとって断言することは難しそうですが、タイの通販サイトで人気の釣り道具ブランドはなんだろう?という目線で、少し調べてみました。

購入数やレビュー数の多さに着眼してみると、数千円クラスのロッドやリールが目につきます。

...もちろん初めてお目にかかるメーカー(もしくは店舗)名が、ほとんどです...

中でもラインナップを揃えてみえるお店からは、先日、バークレーのロッドを購入しました。

バスロッドですが、柔らかさと強度的には、船サビキでも使えるのでは?と思っています。

日本でもバークレーのテレスコロッドを予備竿として使っていましたが、魚に弾かれない柔らかさで、私のような素人でも、針を飲ませても良し!的な気分で、「合わせ」に気を使わない釣りができます。

話がそれましたが、タイの通販サイトでは、お手頃価格の釣り道具を提供しているメーカーのものが、よく売れているようです。

有名メーカーの釣具をタイで購入する

もちろんシマノダイワアブガルシアの釣り具も入手できます。

これらの有名メーカーも、通販サイトではエントリーモデルのものがよく売れていますね。

私も、若狭湾で塩漬けにして、内部ギアが壊れてしまっていたシマノさんのリールを、もう一度購入しました!

タイでもシマノさんのリールは入手できた

実勢価格で、日本の三割から五割増しくらいの価格です。

壊れた方のリールのスプールなどが予備パーツとして使えるでしょ!ということで、深く考えずに、ポチッとしました。

最新のものでもハイエンドのものでもありませんが、まだまだ道具の性能にテクニックが追いつかない私には、充分の一品です。

そして懐かしいメーカー名を発見!

そして、さらに通販サイトのパトロールを続けていると、懐かしいメーカー名のリールを発見しました!

RYOBI...リョービ!?

子供の頃に、商店街の一角にあった釣具屋さんでよく見かけたロゴです。

そういえば、いつの間にか、日本では見かけることが少なくなりました。

気になったので調べてみると、現在、リョービブランドの釣り具は中国で生産されていて、ラインナップの多くは海外で販売されているようです。

リョービさんといえば、機械技術というイメージ!

釣り用リールも、開発は日本でされているとのことなので、その技術力は余すことなく注がれている筈です。

調べているうちに、リョービさんのリールが欲しくなってきました〜

数十年ぶりのリョービ再来!

そして2週間ほど経過して、赤い箱に入ったリールが手元に届きました。

リョービ VARIUS

いつも以上にワクワクしながら開封して、初めての黄金色のリールと対面します!

これほど長いハンドルのリールも初めてですね〜

リョービ バリウス 正面視
リョービ バリウス 側面視(ハンドル側)
リョービ バリウス 側面視
リョービ バリウス 背面視

アルミボディーとはいえ、少し重さを感じますが、それも機械加工されたリールの重厚感として伝わってくる程度なので、私の釣り方なら大丈夫でしょう。

早速、使い心地も確かめながら、PE3号の糸を巻いてみました。

f:id:solocamptouring:20211113130012j:image

リールから伝わってくる重厚感とは裏腹に、とても軽い巻き心地です。

ドラグノブのカチカチッというクリック音もいい感じ!

ドラグの力に余裕があるためか、ドラグ調整も細かく調整できます。

ハンドルの長さも調整して、ひととおり撫で回した後で、付属しているソフトケースに入れてみました。

リョービさんのロゴ、ノスタルジーを感じますね〜

リール単体だと、名古屋城のシャチホコのようですが、ケースに入れると落ち着いた雰囲気です。

...でも、せっかくの黄金ボディー!

しっかりとアピールしてもらいたいので、テレビボードの一角に飾ってみました。

実際のところ、15kgの強力なドラグを使う予定は今のところないので、しばらくの間は、部屋のオブジェになっていただきましょう。 (コラ!)